雑記

投資管理アプリ「マイトレード」SBI証券の米国株対応したので使ってみた。

投資管理アプリ【マイトレード】とSBI証券がアプリ間コラボレーションを開始する事となり、 これに合わせて国内株式だけでなく外国株式などの金融資産も管理できるようになりました。

今回連携に追加された商品

■外国株式
■投資信託
■金プラチナ
■先物オプション
■債券
■ロボアドバイザー(THEO、ウェルスナビ)

そもそもマイトレードって?

各証券会社の口座と連携させて記録・分析できるアプリです。
具体的には資産の推移や取引した銘柄が見れたり、保有銘柄ごと損切り・利食いのポイントを設定でき複数口座に跨っている人には一括する事が出来ます。

過去取引した売買記録をチャート上に表示させる機能は他にはあまりないのと思います。

SBI証券で米国株取引、楽天で投信を買っているのでスマホに入れてみました。

口座と連携してみるとSBI証券と楽天で保有している投信・外国株式資産が表示されます。
ただ、現状外国株の場合銘柄ごとは出ないらしいです。

ただ今後検討する旨記載されているので導入する日が来るかもしれないですね。

個人的にお気に入りは最後の画像にある1年間月ごとの進捗です。
・一年間でどれくらい増減しているのか
・年間目標を設定できるので目標に向けての進捗を確認できます。

とりあえず私は1000万円に設定してますが道のりは長い。

最後に

現状【マイトレード】は海外株の場合個別銘柄までは表示されませんが総額の推移は表示されるため資産の動きはよくわかります。
無料プランでも3口座まで登録出来るためSBI証券、楽天証券など複数口座に跨って運用している人にはまとめて管理できるのはいいですね。

国内株式を保有している人はより有用に使えると感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。