雑記

くりっく株365(CFD)超改悪

来年から順次にくりっく株365が大きく変わります。
現行の商品は上場廃止となり新商品が新たに登場するとのことです。

今は取引してませんがいつの日かFTSE100を積立で配当得るのもよさそうだな
と思っていたので非常に残念。これまで幾度か改変があり配当目当ての投資家には不利な条件になっていましたが、今回は非常に厳しいですね。

タイムスケジュール的には
・2020年9月目途 新商品上場
・2021年3月目途 現行商品上場廃止

とりあえず2021年上場廃止までは現行商品取引可能の様ですので、1年ちょっとは取引可能。

改変の理由

TFX(東京金融取引所)によると『建玉の積み上がりや需給の偏り等により、対象株価指数との価格差拡大等の事象が発生するようになりました。』とあり「適用金利の外貨金利への変更」や「証拠金基準額の引き上げ」、「マーケットメイク増加」など色々と策を講じたが是正されず今回の現行商品上場廃止踏み切ったようです。

確かにFTSEなんかは積み立てて配当を得ることを目的として証拠金取引をやっている人も多いようで建て玉比率見ると買いが一方的に積みあがってますね。

変更後

■新商品について
→新製品のポジションは無期限で保有できない。(リセット付き)

→リセットまでの期間は最長で1年強
→そのほかは変更なし。

つまり含み益が出てようが含み損が出てようが最長1年程度の規定日が来れば決済されてしまいます。うーん、FTSE100の積立なんかは難しいですね。
取引差損が配当を上回ることも十分あるので、FTSE100積み立ての選択肢は消え去りました。大人しく米国株やっときます・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。