雑記

確定申告書等作成コーナーから外国税額控除を入力してみた。

今年は確定申告をするぞ!

これまでは米国株・ETFに伴う配当金・分配金も大したことが無かったので外国税額控除のために確定申告はしてませんでした。ただ、配当も徐々に増えてきたのと損益通算させたい口座もあったので確定申告をすることにしました。

10年前位に一度だけ手書きでやったことありますが今回はe-TAXでやります。ついにマイナンバーカードと数年前に買ったICカードリーダーを使うときがやってきた。

実際にやってみました

用意したもの
・源泉徴収票
・特定口座年間取引報告書
・配当金等支払証明書兼支払通知書
・ふるさと納税 寄付受納書
・マイナンバーカード
・ICカードリーダー(数千円)

源泉徴収票を見ながら所得や控除額など入れてぽちぽち進んで・・・

さて本題、
外国税額控除と書いてある項目から進んで、配当金・分配金の合計外国税額を入力

 

すべて入力して進むと控除額が現れます。
さていくら控除されるかな~

 

7,647円!!

外国税額17,329円に対して7,647円

外国税分すべて控除されるのはなかなか難しいと聞いてましたが思ったより少ないですね。

最後に

10年前に確定申告した時には手書きでよく分からず無料相談とか行きましたが確定申告コーナーでやると数字入れれば自動計算、解説ページも用意されているので便利ですね。

というか、勤務先にも証券会社にもマイナンバーカード提出しているし、うまいことまとめて自動でやってもらえないですかねぇ((+_+))

それはさて置き、ふるさと納税と損益通算で少し還付金があるので投資に回したいと思います。

それでは!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。