米国株

試される握力 LMTから配当金

こんばんは係長です。

軍需企業の【LMT】ロッキードマーティンから配当金を受領しました。
最近だと、アメリカとトルコで売るやら売らないやらで揉めている、F35を生産している会社ですね。

さて配当金ですが、
1株当たり 2.2ドル
6株保有しているので13.2ドル
税金がひかれて9.5ドルが入金されました

少なっ

LTMの直近の配当利回りは2.9%

増減配を見ると2000年に0.22ドルから0.11ドルに減配されてますが、その後2003年からは継続して増配がされています。

株価と損益

配当金は良いとして損益状況は相変わらず不調です。
現在-12%とこれまでの右肩上がりがなんとやらで含み損です。

幸いにして大して買ってなかったのでいいのですが切っちゃってETFでも買ったほうがいいんじゃね?と私のゴーストが囁いています。

というわけで題名の試される握力なわけですが、
1,増配してる。
2,国策に左右されるが参入障壁は相当高い。
3,手数料勿体ないない?長い目で持って見たら?(言い聞かせ)

ということで今一度握力を強めて持っていこうかと思います。

それでは!

 

 

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。