雑記

サクソバンクでDRIPを活用出来る最低投資額を試算してみた。

こんにちは係長です。

DRIP使いたいDRIP使いたいDRIP使いたいDRIP使いたいDRIP使いたい

と言うわけでサクソバンクの口座開設を行いました。
申し込みから5営業日で口座が出来たので非常に仕事が早いですね。昔は郵送で本人確認書類送っていたのに今やネット上で本人確認送れるので便利な時代になったものです。

開設はしましたが特定口座に対応してから使う予定です。
公式も特定口座対応に向けて活動していると示されているので待ちですね。

今はSBI証券を使っていますがサクソバンクに期待するのは以下の通りです。

1、DRIPが活用できる
2、手数料の上限が低い
3、取り扱い銘柄が多い

一番大きいのはDRIPですね。
手数料が掛からず再投資をしてくれるのは非常にありがたいです。

ただ端株での購入は未対応です。
ということはある程度の保有が無いと再投資はされないのでそこは難点です。

そもそもどの程度保有していればDRIP活用出来るのか疑問だったので試算してみました。

=DRIP活用試算=

検討銘柄:VOO・VYM・HDV・SPYD

★株価をVOO260ドル・VYM87ドル・HDV94ドル・SPYD38ドルとする。(直近株価)
★現地課税10% 国内課税20%を引かれた後再投資出来る最低保有額を示す。
★分配金は直近ものを参考にする。

結果

必要株数必要資金
VOO24964,740ドル
VYM18616,182ドル
HDV15914,946ドル
SPYD1445,040ドル

私の資金力だとVOOは厳しいですね・・・出来てもHDVまでかな。
他社で保有している株の入庫も可能との事ですが、SPYDVYMなんかはNISA枠で結構買ってたりもするので入庫も出来ません。

と言うわけでDRIP活用にはある程度の資金が必要ですが、手数料も掛からずほったらかし投資が出来る魅力的な仕組みです。
とりあえずは特定口座対応まで首を長くして見守りたいと思います。

それでは!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。